指値と成り行き注文、結局どちらで運用するのがベスト?

指値と成り行き

株の売買するやり方としては、大きく二種類あります。指値と成行注文になります。

これは買うときも売るときも一緒です。成行注文は値段を設定せずに注文を出す方法です。

それゆえ買うときには、その時買える金額で約定します。売りの場合は、その時一番安く買いたいと言っている人に株を渡すような形になります。

それゆえ、値段を気にしないならば、売りやすいといえば売りやすいです。

当然だけど、設定金額にならないと約定しない

次に指値注文ですが、こちらは値段を設定して注文を出します。それゆえ買う時はその設定金額にならないと約定しません。

売りの場合は、その値段にならなければ売れません。つまり売れ残る可能性もあるわけです。

注文するときに値段の設定とともにその値段で購入したい意思はいつまで出しておくのかという設定も一緒にします。

当日中であれば、一日経ったときに売れなかったら注文自体も失効してしまいます。

失効してしまった場合、再び売りの注文を出すこともできます。自分ですでに売りたい値段ではなければ、何もしなくても大丈夫です。

注文失効には特別なペナルティーもありませんし、手数料がかかることもありません。

結局どっちの取引方法が良いの?

どちらの売り方が良いかというのは、まさに一長一短といえます。どうしても株式を売って現金を期限内に手にしたい人は成行注文が良いでしょう。

損切りをする時も売ることを優先するわけですから、成行注文が便利です。

そうでないなら、指値で自分の言い値で売ることにトライしてみるのも悪くありません。利益確定のケースにも活用できる注文方法です。

ただし、必ず約定するとは限りませんし、自分が提示した金額よりも後々に高く売れる機会が出てくる可能性もあります。

その時々で、自分がどういった形で売りに出したいのかをしっかり検討する必要があります。

指値で売り注文を出すのはとっても便利!私が使っている投資法!

指値売り注文

株の売り注文を出すとき、多くの人は指値注文を出すことが多いです。

自分の言い値で売りたいというのがみんなの本音ですからね。ただ、損切りなどをしたいときに使える売り注文もあります。それが逆指値です。

逆指値は、指値の反対で設定した値段まで株価が下がってしまったら自動的に株を売れる売り注文のことです。

逆指値を出す事で、リスク軽減♪

逆指値注文をしておくことで、リスクを抑えることができます。

損切りなんてできないという人でも、設定さえしておけばあとは自動的に売買が成立します。昼間は忙しくて相場に張り付いているわけにはいかない人にも使える注文方法です。

ひとまず、株の売り注文をするときは、指値注文が多用されますが、指値にすれば必ず売れるというわけではありません。

指値で買い手がつかなければ売れることはなく、株はそのまま手元に残ってしまいます。

売り注文は期限を設定できるので、その期間中はずっとその指値で注文を出し続けることになります。

その間に指値の値段になれば約定します。ただ、成行注文が優先されるので、どうしても指値注文で約定するには時間がかかるケースが多いです。

また、売り注文の時も買い注文の時も、指値の円単位が株価によって異なります。

小型株であれば1円単位ですが、株価が大きくなるごとに5円単位や10円単位になったりします。

また、取引時間外に出された売り注文は、翌営業日に適用されます。従って、日中忙しい人は、夜のうちに注文を出しておくのも上手な投資方法の一つといえます。

特に期限を設けていなければ、当日中でその売り注文は失効してしまいますが、失効したら、新たに注文を出すことができます。もしくは期限を設けることで、期間中ずっと同じ売り注文を出しておくことができます。